スポンサーリンク

英語の聞き流しの効果は…子供に悪影響。嫌いになる可能性も…

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

聞き流し。その方法であってる??

子供にバイリンガルレベルの英語力をつけさせたい…

そうお考えの方が、まず思いつくのが英語の聞き流し

 

お腹の中にいる時から英語を聞かせていた。という英才教育の体験談を聞いたこともあります。

 

そう聞くと、うちも早く始めなきゃ…

 

と気持ちばかり焦ってしまいますが、ここはきちんと戦略を立て、より効果的な方法で英語力を育てましょう。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語の聞き流しの効果:アナタのやり方あってる??

英語なら何でもいいの?

ナニこの雑音?うるさいな…

口コミやインターネットで評判のキッズ向け英語教材やアプリなど、今では簡単に音源が手に入ります。

だからといって、教材をかけっぱなしにするのは、お子さんからしたらどうでしょうか。

 

人間の脳は良くできているので、その教材がキライになった途端に、脳が音をシャットアウトして雑音として処理します。

あるいは、過敏なお子さんだったらストレスに感じ始めます。(大人だったら眠たくなりますね。)

 

決して、英語の聞き流しが悪いと言ってるわけではありません。

強引な英語の聞き流しは良くないと言っているのです。

 

英語の聞き流しで効果が強い条件

ディズニー映画の主題歌がハマる!

そこで、効果的な英語の聞き流し方法をお伝えします。

 

それは次の3つの条件を満たす「歌」です。

1.お子さんが興味のあるもの・大好きなもの
2.テンポが良く歌詞が易しいもの アニメーション付きの動画ならさらにgood
3.パパ・ママも一緒に楽しく歌えるもの

 

ディズニー映画の主題歌が、この条件にまさしくピッタリなのです。

 

聞きながら、一緒に歌ってあげると、お子さんの楽しさ倍増ですし、親子の触れ合いタイムにもなります。そのうち自然にお子さんも歌うようになります。

インプット(聞く)はアウトプット(話す)につながる最良の方法なのです。

 

おすすめソングをピックアップ

ディズニーアニメを中心に、オススメの歌をご紹介します。お子さんが見たことのある、好きな映画から聞いてみて下さいね。

 

A Whole New World from アラジン

A whole new world (English)

出だしの“I can show you the world”だけで気分がアガります!

ジャスミン・アラジンと魔法のじゅうたんにのって、世界を旅しながら歌っちゃいましょう。

 

Let It Go from アナと雪の女王

Disney Frozen – Let It Go Song with Lyrics

少し前に、「レリゴー」って歌いましたよね?!

 

そう、「レット イット ゴー」ではなくて「レリゴー」なんです。歌だと3つの単語をひとまとめで、自然に発音できるようになりますよ。

 

How Far I’ll Go  from モアナと伝説の海

Auli'i Cravalho – How Far I'll Go

少しお姉さん向きのしっとりとしたナンバー。歌っているアウリイ・クラヴァーリョさんの発音がはっきりとしていて、とても聞き取りやすいです。

 

スポンサーリンク

 

 

Try everything  fromズートピア

Shakira – Try everything (with zootopia video) + lyrics

元気の出るダンサブルなナンバー。歌っているのはシャキーラです。

うさぎの主人公、ジュディのワクワクが伝わってきます。お子さんと一緒に踊ってストレス発散!

 

Engine roll call (きかんしゃトーマスのテーマ2)

Engine roll call (Pop version)

お子さんがトーマス好きなら、ぜひオリジナルで聞いてみてください。エレガントな響きのイギリス英語が身につきますよ。

 

番外編

今日はRockにいきたい気分。

子どもの趣味につき合うのが苦痛、という洋楽好きのパパさん・ママさんは、クイーンビートルズテイラー・スウィフトでもOKです!

大きくなったら普通に洋楽を聞くお子さんに成長することでしょう。

 

なぜ小さいころに英語に触れるのが効果的なの?

英語特有のオトを聞き分ける能力

ずっと日本語しか話していない日本人にとって、英語の発音をマネしようと思ってもなかなか難しいですよね。

また、「L」と「R」は練習しないと聞き取れません。

 

なぜかというと、英語と日本語では音の数が全く違うからなのです。

    • 日本語:母音05個、子音13個
    • 英 語:母音16個、子音24個

 

つまり、日本語では全く使わない音が英語にはたくさんあるのです。(諸説ありますので、数は多少前後します)

私たちの脳は生まれてしばらくすると、使わない部分の脳のつながりは弱くなって消え、使う部分だけを強めるように発達します。

 

脳の部位にもよりますが、だいたい10歳前後で完成します。

そのため、小さいころに使わなかった、日本語にはない音を聞き分ける能力は消えてしまうのです。

 

小さいころから英語に触れることは、英語を聞き取る耳を作るためには必要不可欠です。

ヨーロッパやマレーシアなどには、マルチリンガル(3か国語以上を話す人)が普通に存在します。

 

生まれてすぐに多言語に接しているため、自然と話せるようになるのです。

1つだけ注意点をあげるなら、1人が話す言葉は1種類に絞った方がよいと思います。

 

赤ちゃんは大好きなママが話す言葉を「母国語」としてとらえます。

 

そのお母さんがもし、日本語と英語を混ぜて話しかけたらどうなるでしょう?

 

赤ちゃんには日本語と英語の区別はつきません。

この時赤ちゃんの脳は非常に混乱してしまい、言語発達が遅れる原因になるとも言われています。

 

国際結婚されたご家庭では、ご両親がそれぞれの母国語で話しかけることを徹底していると伺ったことがあります。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、子供の英語耳を育てる効果的な聞き流し方法をご紹介しました。

 

100%受け身の聞き流しは、いずれ雑音として聞かなくなってしまいます。

行き過ぎるとストレスを感じてしまう場合もあります。

 

そこで、アウトプットも兼ねた英語の歌を聞くのがおすすめです。

親子で一緒に歌って楽しく英語を身につけられますように!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
子供の英語教材
ぜとをフォローする
~デチリバ~ 子供に英語をプレゼントする親のミチシルベ