スポンサーリンク

インターナショナルスクールは日本語が不安!6つの対策

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

うちの子の日本語は大丈夫かな?


教育ママ
教育ママ

早すぎる英語教育って子供の日本語に悪いのかしら?

 

うちも3歳から英語を始めようと思ってたけど、やっぱりやめとこ・・・

 

コンサル田中
コンサル田中

ちょっと待たんかい!

 

教育ママ
教育ママ

あ、田中さん。


子供英語コンサルの田中

 

 

 

 

 

 

 

名前:田中 武(タナカ タケシ)
年齢:35歳
職業:子供英語コンサルタント(自称)
趣味:ガーデニング
妻子:あり
特徴:「子供の英語」の話になると、どこにでも現れる関西弁の男。


 

コンサル田中
コンサル田中

そんなくだらん理由でやめるんかい?おぉ?

コンサル田中
コンサル田中

後悔しまっせぇ~

 

教育ママ
教育ママ

でも、私のまわりでは日本語に悪いってウワサよ。

 

コンサル田中
コンサル田中

ダボ!誰を信じとんねん!

 

そいつら全員素人やろ!?

コンサル田中
コンサル田中

そんなら、一番、信憑性の高い経験者の話を聞かせたるわい。


さて、今回はインターナショナルスクールの日本語に与える影響について紹介します。

たしかに、英語の漬けの日々を送って、日本語に影響はないか心配になりますよね。

 

事実はどうなのでしょうか?

 

今回の記事は、インターナショナルスクールに通う子供のリアルな日本語力について詳しくお伝えします。


 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インターナショナルスクールは日本語の発達が遅れるのは事実!

インターナショナルスクールによる日本語への影響

えっ!やっぱり遅れるの!?

3歳からインターナショナルスクールに通った娘は、卒園までの3年間毎日英語漬けの日々をおくりました。

 

結論を言えば、

娘は、日本語の幼稚園に通う同年代の子供と比べて、日本語の習得は遅かったです。

 

また、インターナショナルスクールのママ友の中にも、我が子の日本語の遅れが目立つという人も少なくはありませんでした。

 

しかし、小学生になるとすぐにその遅れは取り戻し、今振り返れば心配の必要すらなかったと思います。

 

 

日本語学習のために実践できる6つの対応策

先にも書きましたが、就学後に国語を学びはじめると日本語は上達するので心配する必要はありません。

しかし、就学前から家庭で実践できることを探している方には以下の対応策をおすすめします。

 

①質問して「思考」を深める
勉強-女の子
言葉は会話のためだけではなく、思考のツールとしても鍛えていく必要があります。

子供の考える力を引き出すには、親が「なぜ?」「どうして?」「詳しく教えて!」と繰り返し質問することです。

 

「なぜ?」と繰り返し問われる子供は、もっと詳しく伝えるため、そして理解と納得が得られるためにはどのような言葉が最適かを深く考える習慣が身につきます。

加えて、日本語独自の曖昧な言葉を乱用せず具体的に話すこと、意見と事実を区別して伝えることも意識させましょう。

 

②「語彙」を増やす

「可愛い」「ヤバイ」「すごい」は一言で気持ちを表せる便利な言葉ですが、表現力の乏しさを招く危険性をはらんでいます。

便利な言葉を使わずに、もっと表現豊かな日本語で思いを伝えるためには語彙を増やす必要がありますね。

 

そこで語彙を増やすベストな方法こそが読書です。

語彙力がアップすればが頭の中の言葉(思考のツール)も増えるので、自分が伝えたい物事をより明確に表現できるようになります。

 

まずは子供が興味を示す絵本や図鑑と親しみ、知的欲求を高めながら読書の楽しさ素晴らしさを発見させてあげましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

③自然な「語順」に慣れる
日本語って簡単!楽しい!
インターナショナルスクールに通っていた当時の娘は「お母さん!私は行ってきたよ公園に友達と今日ね」と、
作り話しではなく本当に英語の語順で日本語を話していました。

子供との会話では、親御さんが手本となり自然な日本語の語順で話せるように教えていきましょう。

 

④「音読」で発話の基礎づくり

宿題としても定番の音読は、自然なイントネーションや発話のニュアンスが身につく効果があります。

短い文章でもよいので、先に親御さんが表現豊かに音読して手本を示し、次に子供の音読を聞いて褒めてあげましょう。

 

人前で堂々と大きな声で音読ができるようになれば子供の自信にも繋がりますよ。

 

⑤思いを「書いて」表現する

自分の伝えたいことを文章で表現する練習の第一歩は日記です。

他者へ向けて発信するための文章作成は、頭の中にある言葉をアウトプットする重要な作業です。

 

頭に浮かぶ言葉を文字として書き出し、目で見て確認すると、日本語の使い方の正誤が確認できるうえに豊かな表現方法の学びへと繋がります。

 

⑥標準を知る「学習ドリル」の活用

書店に販売してある学習ドリルは、標準的な国語の能力を知る手がかりとなります。

未就学児用のドリルも販売されているので、就学前に日本語の基礎を身につけさせたい場合は最適な教材となるでしょう。

 

まとめ

心配せず、子供のチカラを信じてok

●インターナショナルスクールに通っている子供の中には日本語習得の遅れが目立つ子供がいる

インターナショナルスクールに通っている期間は「英語の基礎を学ぶ時期」だと割り切って考える。

 

●小学1年生から国語を学べば日本語力はグンとアップする

小学校で国語を学ぶと日本語を聞く、話す、読む、書く時間が増えるので、会話力はもちろん読解力や文章作成力も身につく。

 

●家庭で日本語力の基礎をつくろう

子供に「なぜ?」と質問して、日本語でしっかり考える習慣を身につけさせよう。

子供の日本語に耳を傾け言葉のミスを訂正し、日本語の自然な会話を教えていこう。

 

 


 

コンサル田中
コンサル田中

でや?いらん心配だったやろ?

コンサル田中
コンサル田中

ホンマ、奥さんは心配性やで!

旦那がかわいそうやわ~。