スポンサーリンク

オーストラリアでのバイトの3つの注意点!時給は騙されやすい。

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

騙されないよう注意!

留学先をオーストラリアに決め、『現地でバイトをしてみたいな。でも…なんか怖いよね』と悩んでいませんか?

 

実は、この記事で紹介する『オーストラリアでバイトする!3つの注意点』を読むことで、オーストラリアのバイト特有の気をつけるべきポイントがわかります。

 

なぜなら、この記事がオーストラリアのメルボルンで約2年間バイトした留学経験者の体験談をもとに作成したものだからです。

 

この記事では、バイトの注意点を紹介するとともに、オーストラリアでバイトすることによるメリットも紹介します。

 

記事を読み終えるころには、オーストラリアでバイトをする決意が固まっていることでしょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オーストラリアでバイトするメリット

お金が稼げる

いつでもみんなの味方はおカネ

留学をしてるときに収入があるということはとても心強いです。

 

なぜなら、留学中に収入がなければ貯蓄を切り崩すだけになり、預金残高はみるみる減少していき不安になるからです。

 

オーストラリアは物価が高い反面、最低時給は20ドル(約1,600円)を超えます。日本の時給の1.5倍以上はもらえます。

 

実際に、オーストラリアでバイトをしたことにより、以下のシーンで心強く感じました。

  • 好きな女性を食事に誘うとき
  • 彼女をデートに誘うとき
  • 友人と食事をしたり、飲みに行くとき

 

英語力がUPする

1年間でこんなにも成長

オーストラリアでバイトすることで、英語を使う機会が圧倒的に増加し、日に日に英語力がアップしていることを実感しました。

 

なぜなら、オーストラリアでバイトをすることで、

  • 強制的に英語を使わなければならないシーンに出くわす
  • 当然のように客から英語で質問される
  • すばやく英語にて応答を求められる

 

という環境を作ることができるからです。

 

実際には以下のようなところでバイトを経験しました。

初心者向け:カーウォッシュ(洗車)の仕事

カーウォッシュの仕事を選んだ理由は、本当は接客がしたかったのですが、オーストラリアに来てまだ2ヶ月目で英語力に自信がなかったからです。

スタッフ間は仕事中に会話ができそうな職種であれば、英語力を磨けるのでは?と思って選びました。

予想通り、目の前にお客さんがいないので、スタッフ間のコミュニケーションは自由なものでした。

 

中級者向け:日本の居酒屋風のレストランのウエイター

私が働いたお店は日本人とオーストラリア人オーナーのお店で、スタッフは日本人が半数以上いました。

スタッフ間は日本語を使う機会が多かったのですが、日本人客はほとんど来ないお店だったので、接客は常に英語の環境でした。

このバイトの経験にて、パターン化(定型化)された接客シーンでの英会話が身につきました。

 

上級者向け:BARのバーテンダー

もっとオーストラリア人との英会話を増やそうと、バーでバーテンダーとしても働きました。

バーテンダーは英語のフリートークを磨けます。

 

友達が増える

色んな人と友達っていいね!

オーストラリアでバイトをすると友達も増えます。

 

語学学校やホームステイでは出会えないような、普通のオーストラリア人と友達になれます。

 

せっかく、オーストラリアに留学に来たわけですから、英語で話す友達は多い方が良いです。

 

オーストラリアのバイトで日本人が採用されやすい勤務先

とにかくスグ働きたい場合

”細かい時給の差”や”英語力の向上”などの条件は一旦置いといて、『とにかくすぐ働いてお金がほしい』という場合は、日本人経営者の勤務先を探すべきです。

 

理由は以下のとおりです。

  • 日本人経営者だけに”日本人の勤勉さ”を理解している。
  • 日本風や日本的なやり方を理解している。
  • そもそも日本人スタッフを探している。

 

 

実際に、オーストラリアでは以下のような求人があります。

  • 日本食レストラン
  • 洗車(カーウォッシュ)
  • 農場

 

特に、日本食レストラン(寿司屋など)は、現地の日本人向けフリーペーパーに頻繁に求人情報が掲載されおり、面接して即日採用ということもあります。

 

ただし、日本人経営者の注意点もあります。

最低時給を下回るのは違法行為ではありますが、”英語があまりできないのに採用されている”ことを踏まえると、英語に自信がないうちはある程度の低賃金は覚悟すべきです。

 

そもそも現地人経営者の場合は、会話レベル(英語)を見て不採用にされるケースがほとんどですので。

 

日本食レストラン(初心者向け)

日本にあるような寿司屋、居酒屋、定食屋などはたくさんあります。当然、お店のオーナーは日本人です。

 

●時給目安

10A$~15A$

(1A$=80円:時給800円~1,200円)

 

 

●特徴

  • 英語が初心者レベルでも採用される。
  • 時給は最低賃金以下のケースが多いため、英語の上達に合わせて転職した方が良い。
  • スタッフは日本人だらけであるため、バイト先での英語上達はあまり期待できない。

 

 

カーウォッシュ(初心者向け)

手洗いの洗車屋さんです。

 

●時給目安

10A$~20A$

(1A$=80円:時給800円~1,600円)

 

 

●特徴

  • 英語が初心者レベルでも採用される。
  • 外国人スタッフがいるため、英語での会話ができる。
  • 英語レベルによっては、最低時給以下での労働もありえる。ただし、正当な時給を与えられるケースもある。

 

 

ウエイター(中級者向け)

レストランなどで客から注文を取る仕事です。

 

●時給目安

20A$以上

(1A$=80円:時給1,600円以上)

 

 

●特徴

  • ある程度の英語レベルが求められる。
  • 接客はすべて英語で対応しなければならない。
  • 時給は良い。

 

 

バーテンダー(上級者向け)

カクテルなどのお酒を作りながら、接客する仕事です。

 

●時給目安

25A$以上

(1A$=80円:時給2,000円以上)

 

 

●特徴

  • かなりの英語レベルが求められる。
  • 接客はすべて英語で対応しなければならない。
  • 英語は、談笑や気の利いたことも言える必要がある。
  • 時給はとても良く、客からのチップも期待できる。

 

 

スポンサーリンク

 

オーストラリアでバイトする!3つの注意点

時給を確認する

むむっ!法律違反?

面接時に提示された時給と実際に貰った時給が違うケースやそもそもスタートから最低賃金を下回る低い時給を提示されるケースもあります。

なので、最低時給だけは確認しておくべきです。

 

なぜなら、オーストラリアの最低時給は20ドル(約1,600円)を超える金額だからです。

 

相手が『英語がよくわからない日本人』ということもありますが、高額な人件費に悩むお店が多く、日本食・中華・韓国料理など、留学生のバイトを抱えるお店の多くが最低額を下回る時給で雇用しているのが現実です。

 

英語が流暢に使えない以上、仕方のない部分でもありますが17~18ドルくらいならまだしも、12ドルくらいの額を提示してくるお店もありますので要注意です。

 

レジュメ(履歴書)を渡しに行くタイミング

今は忙しいんだよ

オーストラリアでは、履歴書を渡しに行くタイミングを間違えると”門前払い”を喰らいます。

 

本来は、電話を一本入れてから、履歴書を持参して現場に向かいたいのですが、英語が得意じゃない状態での電話は相手にとって不快でしかありません。

どうせ英語が得意じゃないないなら、現場で下手な英語を披露して一生懸命なところを見せた方が得です。

 

オーストラリアのバイトでは、日本と同じようにカフェやレストランなどの飲食店に勤務するのが一般的です。

 

飲食店に履歴書を渡しに行く場合は、暇そうな時間帯を狙っていくべきです。ランチやディナータイムのど真ん中に来ても対応してくれる人はいません。

ランチ営業が落ち着いた頃~ディナーが始まる前くらいがおすすめです。

 

トライアルの意味

トライアルってそういう意味なの?

『まずはトライアルで採用する』と言われた場合、勘違いをしてはいけません。

 

なぜなら、日本でのトライアル(試用)期間は、イメージ的にはいろいろ教えてもらう研修期間で実質採用されたようなものですが、オーストラリアの”トライアル”はまったく意味が異なります。

 

オーストラリアの労働社会には、特に研修があるわけでなく、いきなり実践になります。

1日実践をして、ダメならその日にクビを切られます。

 

1日目『誰かが指示をくれるだろう』と、ただ待っているとまずクビです。

 

オーストラリアのバイトの探し方と仕事が決まるまでの流れ

①求人を探して応募

日本で仕事探しをするのと同様に、ネットの掲示板などで募集がかかっている仕事にメールでレジュメ(履歴書)などを送付する方法がひとつ。

 

ただ、オーストラリアではアポなしで直接お店に行って、履歴書を手渡す方法も一般的です。こちらの方が採用の確率が高いです。

 

バイトを募集している店が必ずしもネットの求人を出しているわけではありませんので、直接お店に行くことをおすすめします。

 

実際にオーストラリアの友人に聞いたところ、『アポ無しでお店に突撃』というのは普通だそうです。

 

②面接

履歴書を直接渡しに行く場合、運良くオーナーがいればその時に面接してもらえることもあります。

 

③トライアル

数時間~1日・2日程度働いて適性をチェックする、いわゆる試用期間です。

使いものにならなければすぐにクビです。

 

④本採用

トライアルを通過すれば、晴れて本採用となります。

 

まとめ

いかがでしたか?今回の記事では以下について詳しく説明しました。

●オーストラリアでバイトするメリット:オーストラリアでバイトすると、お金を稼ぎながら英語力もUPします。

 

●オーストラリアでバイトする!3つの注意点:オーストラリアでバイトをする際は、まず『最低時給』を確認すべきです。それと『トライアル』の意味を履き違えてはいけません。

 

●オーストラリアのバイトの探し方と仕事が決まるまでの流れ:流れは日本のバイトと同じです。ただ、履歴書の提出の仕方が日本とは違います。

 

今回はオーストラリアのバイトについて紹介しました。

 

バイトに関連するお金つながりとして、オーストラリアのホームステイの費用が知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。

▼オーストラリアでホームステイの費用は月10万円です。▼